ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
文字サイズ選択
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

左カラムの始まり
メインカラムの始まり

新入生歓迎行事「黒沢美香&ダンサーズDANCE LIVE」開催

2011/05/19  慶應義塾大学教養研究センター日吉行事企画委員会(HAPP)
5月11日(水)、新入生歓迎行事「黒沢美香ダンサーズDANCE LIVE」が日吉キャンパス来往舎のイベントテラスにて開催されました。

このイベントは、平成21年度に採択された文部科学省大学教育推進プログラム「身体知教育を通して行なう教養言語力育成」事業の一環としても行なわれました。

教養研究センターでは、2005年から、身体知教育(身体的気づきを導く体験型事業)を開発し、実験授業を経て現在では正規授業として「身体知」を開講しています。この授業でのダンスワークショップで招聘講師を務めるなど、本学と縁の深いコンテンポラリーダンサー兼振付家の黒沢美香氏を招き、生バンド付きのダンス公演を行いました。

イベントはなぜか18:18にスタート。
まずは多様な職種と特技を持つ舞踊軍団「黒沢美香&ダンサーズ」のダンス。続いて黒沢氏のソロダンス。プロによる一流の身体芸術が観客を魅了しました。
次に、授業「身体知」でワークショップを行なった際に作ったダンス作品を、講座を履修した有志学生4名による「身体知」慶應学生ダンサーズが披露。
日吉キャンパスの3名の教員による「ミカヅキ会議」は、シンプルなルールによる即興性の高い作品でした。
クライマックスは、慶應義塾大学が横浜市中区に持つ拠点「カドベヤ」で交流している塾生と地域住民とで結成した「慶應横浜カドベヤダンサーズ(カドベヤーズ)」によるコミュニティダンス「んだんだレゲエ」の紹介。

イベントテラスの特性を生かし、舞台と客席が一体となり、音楽やダンスを楽しみました。
▲黒沢美香&ダンサーズの公演
▲黒沢美香&ダンサーズの公演
▲「身体知」慶應学生ダンサーズのダンス
▲「身体知」慶應学生ダンサーズのダンス
▲コミュニティダンス「んだんだレゲエ」
▲コミュニティダンス「んだんだレゲエ」
▲生バンドによる演奏
▲生バンドによる演奏
撮影:井上悟
PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader


フッターの始まり