ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
文字サイズ選択
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

左カラムの始まり
メインカラムの始まり

「塾長と日吉の森を歩こう」を開催

2011/12/20  慶應義塾大学教養研究センター日吉行事企画委員会(HAPP)
12月10日(土)午前、13回目の教養研究センター日吉行事企画委員会(HAPP)主催の「塾長と日吉の森を歩こう」が日吉キャンパスにて開催されました。
 13番教室で、福山欣司准教授から日吉の森の現状や雑木林の再生の取り組みの説明のあと、約40名の参加者が2班に分かれて、晴天のもと、清家篤塾長とともに日吉の森を散策しました。岸由二教授の引率した班は一の谷で、福山欣司准教授の引率した班は鬼の寝床で、それぞれの場所で行われている森の再生の作業についての説明を聞きました。
 日吉キャンパスには15ヘクタールに及ぶ森があり、慶應義塾だけでなく、都市近郊の森としてかけがえのない自然となっています。初めてまむし谷を訪れた参加者も多く、今までこれほど身近に豊かな自然があること、その自然が人の手が入ることで守られていることを知り、感動していました。
 散策後、13番教室で行われた懇談では、学生からの広範囲にわたる質問に対して、自然との共生や、大学で学ぶことの意義など、清家塾長が丁寧に答えてくださったのが、印象的でした。
▲日吉の森を散策
▲日吉の森を散策
▲日吉の森を散策
▲日吉の森を散策
▲日吉の森を散策
▲日吉の森を散策
▲教室での意見交換
▲教室での意見交換
PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader


フッターの始まり